Lesson06 メイクに合わせてクレンジングを選ぼう!

 

やっほ♡ユニだよ♡いよいよココから綺麗なお肌についてだよ。まずはクレンジングの見直しとお肌に負担のかからないクレンジング方法をお伝えするよ♪

クレンジングって何?

クレンジングってね「メイクを落とす」ためのものなんだけど、実際はメイクがちゃんと落とせてない人もいるみたいなの。メイクが落とせてなかったら、何だか良くなさそうだよね、、、。

最近の化粧品って良いものが多くて、そのほとんどが『油性』なんだって。だから同じ油性のものを使わないとメイクは落ちないらしいよ。それとね、メイクや油性のクレンジングは『界面活性剤』というので中和しないと落ちないらしいの。界面活性剤って聞くと何となく悪いものに感じるけど…なぁ~んだ!いい子だったんだね♪

えりぃがクレンジングの種類と特徴がわかる表を貼ってくれたから、あなたのメイクに合わせて選んでみてね♡

 

クレンジングを選ぼう

しっかりメイクさんならオイルタイプ、軽いメイクさんならジェルタイプかミルクタイプを選ぶといいと思うよ♪クレンジングを選ぶ時に『拭き取りシートタイプ』と「界面活性剤を使っていないタイプ』には気を付けてね!

詳しいことはえりぃが説明してくれるよ♪

 

注意の必要なクレンジング

はぁ~い♪えりぃです♡

クレンジングを選ぶ時に『拭き取りシートタイプ』は選ばないようにしましょう。なぜかというと手軽にメイクを落とすために界面活性剤が多く含まれていることに加えて、シートでお肌を擦ることで摩擦が生じて「傷→炎症→シミ・シワ」の原因になるからです。

さらに洗い流さないことで落としきれないメイクが残り、くすみの原因にもなります。

もう一つ注意が必要なのは『界面活性剤を使用していないオイルタイプのもの』は注意が必要です。界面活性剤が含まれていないので、お肌には優しくダメージはかなり少ないのですが、その分メイクは落ちていませんので、くすみやメイクがお顔の上で酸化することで、炎症が起こりシミ・シワ・くすみなどを引き起こす原因になってしまいます。

 

クレンジングの方法

クレンジングの方法は4つ

  1. ポイントメイクは専用のクレンジングで擦らないでササっと落とす。
  2. クレンジング剤の半分をTゾーンに塗ったら放置。
  3. 残りのクレンジングをUゾーンにぬりぬりして優しくくるくる。今まで知らなかったけど、クレンジングって馴染ませるだけで落ちるから、ゴシゴシしなくていいんだよ♪
  4. 洗い流すのはぬるま湯でシャワーで一気に流し切っちゃお!洗い残しがないようにしてね。ゴシゴシしないし、すぐに終わるから時短にもなるね♡

クレンジングのやり方をこの方法にしただけで、お肌が明るくなった子もいるよ♡

 

まとめ

☆つらたんでココまで読み飛ばしてくれたあなたは、ココだけ読んでね♡

あなたのメイクに合ったクレンジングを選んで、しっかりメイクさんならオイルタイプ、軽いメイクさんならジェルタイプかミルクタイプを選ぶといいよ♡クレンジングは優しく・素早くを徹底してね♪

拭き取りタイプや界面活性剤の入っていないオイルタイプは結果的にお肌トラブルの原因になるから、使うのを止めることをおススメするよ。