Lesson11 老化の始まり?お肌と乾燥の関係♡

 

やっほ♡ユニだよ♡乾燥って「老化」の始まりって知ってた?ここではお肌の潤いの仕組みと乾燥、意外な化粧水の役割についてお伝えするね。

潤いの仕組み

お肌の潤いってラップくらいの薄さの「角質層」っていうものに守られているんだって。実際にラップみたいな効果があるから、例えばお風呂に入っても体の中に水が入ってぼわぁ~んって膨らまないでしょ?これは角質層がバリアになっているからお水が体の中に入らないようになってるんだって。外からの影響を受けないように守ってくれているんだね。

てことはさ、化粧水って「浸透」するイメージがあったけど浸透しないの??

えりぃどういうことか解説して♡

 

化粧水の真実

はぁ~い♪

実は化粧水は角質層の奥には行かずにほとんどがお肌の表面で蒸発してしまうので、浸透しないんです。

ただ、化粧水にもお肌の表面が乾燥する代わりに化粧水が蒸発してくれることと、クレンジング剤によってアルカリ性に傾いてしまったお肌を元の弱酸性に戻して整えてくれるというリセットの役割がありますので、意味が無い訳ではないんです。

とはいえ、衝撃的な真実!いくら化粧水をぬりぬりしても、お肌自体が潤っていないと意味が無いということにもつながります。

 

ラメラ構造とは?

乾燥についてお話する時「ラメラ構造」というのが外せません。最近でこそCMなどで耳にするようになったラメラ構造ですが、水分層と脂質層が交互に重なる脂質二重層状構造のこと言います。

簡単に言うと、水分と油分がミルフィーユ状になっていることを言います。正常なラメラ構造はこのミルフィーユが綺麗に整っているのですが、これが崩れてしまうと油分から先に流れ出てしまい、水分も保てなくなって乾燥が進んでしまうんです。

このラメラ構造が整っている人は残念ながら少ないので、お肌の上で化粧水やクリームをぬりぬりすることで、ラメラ構造の役割を担う必要があるんです

乾燥って体質なんだと思ってたけど、ほっとくとお肌本来の働きも無くなっちゃうんだね!

乾燥につながる日常での要因についてピックアップしてみたよ♡

 

乾燥の原因

 

  1. 脱脂性の強い洗顔料やボディーソープ
  2. 40℃を超えるお風呂やシャワー
  3. つっぱるレベルの洗いすぎ
  4. 摩擦
  5. 湿度50%以下の環境

①~⑤はラメラ構造を崩してしまう原因でもあるから、お肌の上からのケアがますます必要になるんだって~。ラメラ構造が整ってくると、お肌の上からのケアが段々と少なくて良くなってくるみたいだよ。

ラメラ構造が整うまでの間は、お顔を洗った後、化粧水をして「セラミド入りクリーム」で蓋をしてね♡しかも『セラミド入り』というのがポイントだよ♡

 

まとめ♡

☆つらたんでココまで読み飛ばしてくれたあなたは、ココだけ読んでね♡

乾燥は「老化」の始まりだよ!ラメラ構造が整っている人は少ないから、洗顔の後は化粧水とセラミド入りクリームで蓋をして、楽ちんして乾燥を防いでいこ♪