Lesson13 化粧水のおススメな塗り方と注意点♡

 

やっほ♡ユニだよ♡高価な化粧品って、何となく勿体なくてけちけち使っちゃうことってなぁい?ユニはけちん坊だから、ついけちけちつかっちゃうんだ笑ココでは化粧水のおススメな塗り方とやっちゃいがちな注意点についてお伝えするよ♪

でもね、あんまり良くないみたいなの、、、。

 

何がいけないの?

化粧水はお肌の代わりに蒸発してくれて、お肌が乾燥するのを守ってくれてるってところはわかったよね?化粧水をけちってしまうとね、塗りムラができて結果的にお肌自体が乾燥しちゃうんだって!「せっかく高価で良い化粧水を使っているのに期待するほど変化が無い!」という人がいたら、もしかしたら使う量をけちっているのかもしれないよ。

ということはお肌にさえ合っていれば、高機能や高価な化粧水じゃなくても良いってことだよね♪ポイントはけちらずたっぷり使ってあげて♡「化粧水ちゃん、代わりに蒸発してくれてありがとうね♡」くらいの気持ちで♡

それと化粧水とかをお肌にぬりぬりする時、パタパタする「パッティングしましょう」と良く聞くよね?本当のところどうなんだろ?と思って調べてみたよ♪

 

化粧水の注意点

パッティングも「コットンを使う場合」と「手を使う場合」があると思うけど、コットンは止めた方がいいよ!コットンってね、指よりも粗いやすりみたいなものなんだって。コットンをお肌の上に何度も叩く?ように乗せると、見えないけど小さな傷が沢山できてくすみやシミ・シワの原因になっちゃうらしいの!手でパッティングする場合も同じでタルミにも繋がると思った方が良いみたい。特に強くパタパタしている人が居たら要注意!摩擦はできる限り避けたいから卒業しよう♪

化粧水の一番負担が無いぬりぬりの仕方は、「たっぷりの化粧水をサッとお肌に乗せるだけ」なんだって。

 

ハンドプッシュの真実

「ハンドプッシュして化粧水を入れ込まないと!」って今まで思ってだけど、思い出してみて!化粧水の役割は、お肌の代わりに蒸発するだけでお肌の奥深くに浸透しなかったよね?手でのパッティングやハンドプッシュをしてモッチリするのは、実はお肌じゃなくて「手のひら」なんだって笑!どうやらお顔の毛穴より手のひらの毛穴の方が大きいから、手のひらが化粧水を吸い込んじゃうらしいの。なんてことなの!切ない!

ということは、お肌は乾燥しやすい状態なのに、手のひらが化粧水を吸い込んで潤っているから、お肌を触った時のもっちり感はあるという勘違いが起きてたってことなんだね!気付いた時にはかなり乾燥が進んじゃった~ってこともあるみたいだから気を付けようね。

 

まとめ♡

☆つらたんでココまで読み飛ばしてくれたあなたは、ココだけ読んでね♡

化粧水は高価である必要ないよ♪ポイントはけちけちしないで、お肌に負担をかけないようにサッと手のひらでぬりぬりして、パッティングしないでおしまいにしよ♡

あ!また時短に成功しちゃう♡ラッキー♪