Lesson27 アトピーには白色ワセリンでバリア対策♡

 

やっほ♡ユニだよ♡ここではアトピーと白色ワセリンを使った意外な対策についてお伝えするね♪

かゆかゆは人格を変える?

アトピーで悩んでいる人って意外と多いって、えりぃから聞いたよ。アトピーって程度や症状が出る場所も人によって色々なんだって。「痒み」ってね「痛み」と同じで人格を変えちゃうほどの苦痛って言われているんだよ。少しでも症状を穏やかに、苦痛をほんの少しにできたらいいなって思ってるよ。

ここでは、スキンケアをほんの少し変えるだけでお肌の負担を減らして、かゆかゆも穏やかになる提案をしていくね♡参考になりますように♡

えりぃにアトピー性皮膚炎について解説してもらうね♡

 

アトピーとは?

はぁ~い♡

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー体質や遺伝、環境など様々な要因が複合して皮膚のバリア機能が低下し、痒みを伴う湿疹が全身または部分的に発症するものです。

お肌のラメラ構造が崩れることによって油分や水分が減り、皮膚のバリア機能が低下することでアレルギー物質が入りやすく乾燥、炎症、痒みをもたらします。

原因は一つではなく、遺伝的なものからハウスダストなどの環境的なもの睡眠不足や人間関係などの精神的なもの、衣服などの物理的な刺激によるもの、菌によるものなどが複雑に合わさることで酷くなったり、穏やかになったりを繰り返すものです。

 

フードアレルギー

ちょこっと話がズレちゃうんだけど、あなたはフードアレルギーって聞いたことある?ある特定の食材を食べたり摂ったりすることで起こるアレルギーなんだって。

アトピーの方は、ある特定のものをお守り代わりに摂取する人が多いみたいなんだけど、良かれと思って食べてたものが積もり積もってアレルギーの原因を作ってアトピーを悪化させることもあるみたいだから、一度食事やサプリメントの見直しをしてみるといいかもしれないね♡

アトピーの対策もえりぃに解説してもらおう♪

 

アトピー対策

じゃぁ、アトピー対策として皮膚のバリア機能を補うことについて説明していくね♡

アトピー性皮膚炎の方は湿疹と引っ掻くことによる摩擦で常に皮膚に炎症が起きており、皮膚のバリア機能は保てず、通常機能するはずの自浄作用(自力で菌などを撃退する力のこと)が働きません。ということは、「皮膚が皮膚の機能を果たしていない」ということになります。

症状の酷い場合ステロイド剤などを処方されることがありますが、直接塗ってしまうと塗りムラができてしまい良くなる部分は良くなる一方で、悪化してしまう部分もできてしまいます。というのはステロイド剤を使用する場合、お薬の特性上一気に使って一気に止めるということができないので、薬の塗りムラがこれを引き起こしてしまうからです。なるべく本来のお肌に負担なく、でも万遍なくステロイド剤の効果を出すには先ず皮膚の代わりが必要です。

白色ワセリンは皮脂の代わりに被膜を作ってくれる役割と、これ以上お肌の乾燥が進まないよう蓋をする役割があって皮膚の代わりをしてくれるので、ワセリンを患部より広い範囲に薄く伸ばします。その上からステロイド剤を薄く塗ることで、塗りムラを防ぎます。

注意点としては、初めて白色ワセリンをお使いになる場合は、これまでと比較し一時的に痒みが強く出ることがあるので、症状がある程度落ち着いている時に始めることをおススメします。

 

白色ワセリンの使い方

お薬の負担も減らしてくれる白色ワセリンは優秀なんだね♪白色ワセリンは、他にも色々使い方があってユニもお肌が荒れちゃった時に良く使うから、使い方をお伝えするね♡実はね、皮むけとか敏感肌さんにもとっても便利なんだよ♡

使う時はアトピーさんと同じように、白色ワセリンを塗った上から治療薬を塗るようにしてね。お顔に使う時は、化粧水とかでお肌を整えてから白色ワセリンを伸ばして、治療薬を塗るといいよ。ユニは軟膏とかぬりぬりしてる~。

すぐに効果が出るものじゃないけど、段々とステロイド剤や治療薬の量が減っていくのがわかると続けていけるし、実感があるはずだよ♡

 

注意点

気を付けて欲しいことがあってね、ステロイド剤に限らず、治療薬や白色ワセリンは、日光に当たることで焼けちゃったり、色素沈着しちゃったりするから、日中は使わないようにしてね!朝起きたらぬるま湯で治療薬と白色ワセリンを洗い落とすようにしてね。

 

まとめ♡

☆つらたんでココまで読み飛ばしてくれたあなたは、ココだけ読んでね♡

アトピーさんは一度お食事を見直してみて、白色ワセリンで皮膚の代わりを作って、穏やかに良くしていこう♡

お肌が荒れた時や皮むけにも白色ワセリンは効果的だよ♪